難波人妻風俗と本番できると思った瞬間

風俗で本番しないと「風俗に行ったー!」って気になかなかなりませんよね?私も風俗に行った際は必ず本番交渉をしてしまいます。成功したりしなかったりですが、本番を交渉する上で最も大切なのはタイミングだということが分かりました。今回は風俗で本番いけるなっと思った瞬間をご紹介したいと思います。これも参考に難波人妻風俗での時間を楽しんでくださいね。

1.風俗嬢がめちゃめちゃブサイクだった時
ブサイクな風俗嬢には本番交渉をする前にブチこんでやりましょう。だってブサイクな風俗嬢なんて本番もしないのにお金を払うなんて馬鹿馬鹿しいですからね。ブサイクな風俗嬢に「入れていいかな」じゃなくて「入れるねー」くらいの感じでいっちゃって大丈夫です。

2.風俗嬢が信じられないくらいの潮を吹いた時
風俗嬢は3人に1人くらいの割合で潮を吹きますよね?大抵潮を吹いたあとは「入れて欲しい…」と思っているものなのです。潮を豪快に吹いたら本番交渉をすれば成功率はぐっと上がるでしょう。ただし風俗嬢の潮はばっちいのでかからないように気をつけましょう。

3.俺なかなか風俗でいけないんだよねーっと言ってやる気を見せた時
可愛そうに…私がいかせてあげないと!っと思わせることができればあなたの勝ちです。風俗嬢は基本的に頭が弱いので不思議とそう思ってしまうものです。それともう一つのパターンとしては「なかなかイケないってことはプレイ時間ずっと相手しないといけないじゃん!だったら本番しちゃってさっさと終わらそう」と思うことです。どちらにしてもなかなかいけないということを主張することは、本番確立を上げる魔法の言葉なのでドンドン使っていきましょう。

4.風俗嬢のオモチャの電池が切れていたとき
私の経験談ですが今までオモチャの電池が切れている子が二人いたのですが、二人とも無事に本番することができました。あれはうっかり忘れたわけではなくわざと忘れているのです。あれは「オモチャで気持ちよくなりたいんじゃんくてあなたのチンポで気持ちよくなりたいの」ということを遠まわしに伝えていたのです。

5.シャワーを浴びる時に下着を見たら半ケツだった時
これは半ケツということが大切なんじゃなくて適当な女ということが大切なのです。風俗嬢にはだらしない女が多いですが半ケツだったり、カバンの中がめちゃめちゃ汚かったりする子はかなりの確立で適当な性格のどうしようもない女です。なので本番して自分が負うリスクなど微塵も感じないので本番はできるでしょう。

難波人妻風俗では本番を狙うのも良いですが、ここで書いたことを試してみても面白いかもしれません。