十三人妻風俗と発射について

射精とは精を射すること。つまるところ精子なくして射精なく、発射なくしてザーメンの存在価値はない、のであります。
それは十三人妻風俗でも同じことが言えるでしょう。
食ザーとはザーメンを食すと書きますが、その表記方には深い理由があるように思います。すするのでものむのでもなく、ザーメンを属すること。つまるところ味覚を働かせてザーメンを検分するわけなのですね。ですから、風俗嬢の舌は、結構難しい技術を必要とされているわけです、甘ければ糖尿病、苦ければ肝臓病と、ザーメンの風味からの道理的に風俗狂いの体調を導けると、これはもう素晴らしい風俗嬢なのであります。
ザーメンをデータベース的に処理することでありまして、風俗嬢はMYSQLなどをベンキョうする人も多いと聞き及んでいます。風俗というのは、こするとかいれるとかいうことで、風俗狂いのきんたまと対話するための技術なのであります。どこまでも自然にザーメンを発射することで、きんたま空になったとしても、風俗狂いは本望なのであります。
心から美味しいと思える射精はどうもせんずりでは出来ません。隣りの奥さんが風俗嬢やってるからちょっとデリてみようか、といった感じではだめなのであります。心から好きな風俗嬢で射精するのでなければ、素晴らしい射精はできないのであります。

自分の射精を他人に任せきりにしてはなりません。おちんちんをこするのは風俗嬢ですが、射精するのはあなたです。つまりその時々で、自分と風俗嬢の気持ちをすりあわせて、場合場合に合った美味い射精のしかたを、風俗嬢のことをよく思いやってあげて、あたかも医者がエネマグラ浣腸で患者をえっちな診察するごとく、射精も相手のことをよく考えて行うものでなくてはなりません。そのTPOに合った射精というものは実に気配りのかかせないもので、古来こいつのことを深く考えて行えたものは、風俗狂いの王として、歴史に名を残しているのであります、ネロ帝しかり、ジュイアスカエサルシーザー然り、男の子のおしりであれ問題なく射精しているひとばかりが歴史に名を残しているのであります。
当然、人類とは射精と受精なしで存続することは不可能でありますから、射精もままならないと、ご先祖さま、生まれてくるはずだった子孫たちの全てに、きんたま袋を切ってわびなければなりません。
先祖「いやそんなあたまおかしいことしなくていいから(良心)」
いや、しなかったらだめ。おれがやってやるよ!
ザーメン出せるか出せないか、風俗狂いにとって大切なのはそれだけなのであります。
そんなことを考えながら十三人妻風俗を利用するのです。

関連記事

神出鬼没な京都人妻風俗

神戸人妻風俗とスポーツで鍛える女性

難波人妻風俗と本番できると思った瞬間

姫路人妻風俗とひとつのエロ動画

谷九人妻風俗と罪悪感

兵庫人妻風俗の様々なお店